新着情報:

施工事例 更新しました。

2017/08/02

瓦屋根と銅板谷って長寿命材料だけど組合せによって駄目になる場合がある

2017/07/28

こんにちわ。

ホームページ 川永建設のホームページ


大田原市でFPの家・注文木造住宅を建てさせて頂いてます。



川永建設のけんさんです。

いつも見に来てくれて、ありがとう。

■雨漏りすると『住み易い家』にはならない。


c0153412_14565169.jpg
家というのは、雨風を防いでくれる、もの。:今回はこの程度に:

【深く語ると長くなります。人間は理性と知性が発達して・・・・。巣の延長上・・・。等】

根本的に雨漏りしたら嫌ですよね。住み易くは無いですよね。


だからだと思います。

家は長持ちしてほしいから、長持ちをする材料を使用する。

その代表の材料といえば

陶磁器瓦と銅製の板(屋根材)ですよね。(えーー。そうなの??)


実際

寺社仏閣には、寿命が長い銅板葺や陶磁器瓦葺きの屋根が多いです。
和風にあう・高級感もあると思います。

c0153412_10442407.jpg
大田原の氏神様  大田原神社も銅板屋根(じゃらんネットより転用)


c0153412_08451957.jpg

龍仙寺  ひかり幼稚園のちかく 陶磁器瓦屋根



材料としては申し分ないですよね。
申し訳ないですが、 この2つの材料相性が悪すぎます。

■一緒に使用すると、銅に穴が開きます。


陶磁器瓦を焼く時に使用する薬剤。ゆう薬に銅を溶かす性質があり、

この2つの材料を接触してしまうと穴を開ける程の腐食を起こしてしまうのです。

その結果が引き起こした原因ともとられています。

c0153412_15335643.jpg

■瓦+銅板(谷・軒樋)が持つ月日の、目安として


屋根の谷における銅の寿命は20年ほどだと思われます。

中には30年ほど持ちこたえているものもありますが、

谷に降りてくる水の量が多い大きな屋根などは寿命は早いです。

20年って結構長い時間だ。と、取れますが

20年もった。と、取るか。銅板なのに20年しか持たないのか〜。と取るかは、あなた次第。

私なら、建物と同じぐらい持ってもらわないと、困ります。って思います。


■使い方を間違えなければ素晴らしい材料たち

銅板は、屋根に緑青が現れることで風情あるたたずまいの和風住宅へと変貌します。

このとき、「表面が錆びるということは、銅板は腐食してしまうのでは?」と疑問を抱く人います。しかし、緑青は雨水や酸素が触れる面にしか発生しないため、それらと接触しない銅の内部まで錆びることはほとんどありません。

これは、「銅がさびにくいから」という理由だけではなく、表面にあらわれる緑青が銅板を覆うことで耐久性を高めているのです。

実際に、アメリカの規格協会が行った実験データを見てみると、緑青を生成してからすぐの時期の銅は耐久性に変化はありません。しかし、歳月が経つにつれて緑青が銅を覆い、それが安定して腐食しづらくなり、高耐久になることがわかっています。

そのため、銅板に緑青が発生しても錆を落としたり塗装をしたりするメンテナンスは必要ありません。


瓦は遺跡より発掘される。土器などが、同じ材料なので、これも耐久性には問題ないですよね。


■ほんとは銅板って強いの弱いの?

上記の文章で、谷の部分を言うと『瓦+銅板』

流れが強い部分・瓦から雨水が落ちる部分が、

緑青が落とさて釉薬(ゆうやく)が銅を溶かしてしまうと見受けられます。
※釉薬を使用していない。いぶし瓦でも同じ場所が開くという話を聞きました。ので訂正入れときます。

緑青が落とされ水圧で穴が開くというのが正解っぽいです。
c0153412_15401035.jpg
銅+銅なら同じ材料なので穴が開くことはないでしょうね。

追記
銅+銅は、瓦みたいに段差が出ないので、滝になる場所がなく水圧が掛からなく平らに流れるので開かないのでしょう。(あくまで自分の見解です。)


■瓦屋根+銅製品ですが、どう直したらいいのか教えて下さい。


1陶磁器瓦屋根+銅製の谷部分 → カラーステンレスに葺き替える。

2陶磁器瓦屋根の銅製軒樋の内側。 → 銅製雨どいで部分補修するか、 すべての雨どいを架け替えれる場合は、ステンレスか被覆してある物の雨どいとする。 ※絶対瓦+銅製雨どいには戻さない・しない。



1の陶磁器瓦屋根+銅製の谷部分写真説明。↓↓↓↓

c0153412_11340893.jpg

周りの瓦を外し、今現在ある谷を取り外すのもいいですが折角の防水層が有るので

c0153412_11525176.jpg

アスファルトルーフィング(屋根の防水材)を敷き

カラーステンレスの谷樋を設置する事で、4重構造になります。

既存の谷と既存の防水材は気休め程度に。


c0153412_14273674.jpg
その後、綺麗に戻して完成です。


c0153412_11352572.jpg





皆様のオウチが年中爽やかな生活になります様に、

お手伝いさせてください。


何でもおうち相談会
日程 2017年7月15・22・29(土)  
開催時間 1回目10:00-12:00 2回目13:00-14:30 3回目 15:00-16:30 
※ 予約制となります。上記のいずれかの時間をお選びいただき下記のご予約方法よりご連絡ください。もし時間が合わない場合は言ってください。調整いたします。
場所: 川永建設事務所にて
ご予約方法: お電話 0287-23-5133   受付時間8:00〜18:00
Fax 0287-23-5134
mail info@kawanaga-k.com 共に24時間受付可能
担当: 川永憲三
ホームページ 川永建設のホームページ
フェイスブック (川永憲三)  フェイスブック
浅香3丁目 中古物件 

大田原市中古物件 浅香3丁目

2017/06/28

  • 所在: 栃木県大田原市浅香3丁目
  • 価格: 1,296万円(税込)
  • 面積: 土地/248.78m² (75坪)・建物/141.73m² (約42坪)
  • 環境: 県道331号線から少し入った場所なので、以外と静かスーパーやコンビニ・ホームセンター等すぐ近くで、過ごし易い立地条件の場所。おしゃれな内外装の中古住宅で、近くのヤマダデンキや靴流通センター・足利銀行までは徒歩圏内、今や注目のエリアです

大田原市浅香3丁目 1296万 中古物件
この物件は、大田原市 空き家バンク制度を使っています。

その為、この物件は空き家改修費補助金が使えます。

補助対象事業は、

 補助対象者自らが定住又は定期的に滞在する目的で取得した空き家について、居住のために必要な設備、内装、屋根、外壁その他を改修する事業

補助金の額

 補助対象事業に要した費用の2分の1で、500,000円を限度とする。(ただし、施工業者が市内に本社を置く業者である場合には、600,000円限度)川永建設は 市内業者なので 60万可能です。


内部写真

・居間

c0153412_13503436.jpg

・台所
c0153412_13504369.jpg

・和室
c0153412_13505198.jpg
・寝室
c0153412_13510057.jpg
・浴室
c0153412_13521917.jpg

概要

概要
c0153412_15341182.jpg
現地地図
連絡先  川永建設(有)
TEL 0287-23-5133
FAX 0287-23-5134 
24時間受付OK
メール info.kawanaga-k.com

家族の安心・安全を配慮した、制振装置付の家『構造見学&説明会』

2017/05/14

平成29年5月28日(日)


お施主のご厚意で1日構造見学・説明会をさせて頂きます。





当日は下記の時間通りで制振装置【エヴォルツ(SSダンパー)】を


家に取付ける事によってどうプラスになるか??


詳しく説明を行ないます。




説明開催時間


       1回目  1100

       2回目  1330

       3回目  1500


    説明会に参加ご希望の方は、事前に 当社まで


    ご予約頂ければ幸いです。 

     



連絡方法


電話受付時間


TEL  0287-23-5133


FAX・Mailは、【24時間受付可能】


FAX  0278-23-5134


Mail  kawanaga@msc.biglobe.ne.jp


メールの件名には 【説明会の件で】と、いれてお問合せ下さい。





トイレのリフォーム

2017/05/12

大田原市でFPの家・注文木造住宅を建てさせて頂いてます。



川永建設のけんさんです。

いつも見に来てくれて、ありがとうございます。



トイレは、自分の世界に入れる数少ない場所ですね。


そんな貴重な場所の

床【足元】

がボコボコ動いていたら、


気も休まらないですね。



c0153412_11584903.jpg





ですので、トイレを直させて頂きました。


【いまから、30年くらい前の家は


床材を支える木材【根太】下地とも言います。


にフローリング等を直接貼っていたので、


時間が来るにつれて、下地がない場所は


ベコベコ比較的なりやすいです。】




完成後、使ってもらった時の感想です。



木の臭いがして何か落ち着く。



と、言ってもらえました。


有難うございます。

簡単に防犯対策出来ます。

2016/11/28

こんにちわ。


大田原市でFPの家・注文住宅を営んでおります。


川永建設のけんさんです。


皆さんは、防犯対策どうしてますか?


雨戸面格子・ホームセンターに行って防犯金物などつけていると思いますが、


それで、もちろん大丈夫です。


でももっといい物ありますよ。


ガラスフィルムを貼るだけで、防犯性能がUP・UP


一つ例を出すと、




吐き出しの窓(床と平らな窓のことです。)は、だいたいリビングの前とかに着けますよね。



格子は付けられる訳がない。


雨戸は、後付けは難しい。


雨戸付けていても、昼間は防犯対策で閉めている訳にもいかない。


そんな時に、トーメーのガラスフィルムを張り付けると

c0153412_10144818.jpg



ガラスとフィルムが一体となるので、ガラスが割れてもフィルムで


くっついているので、中々入れません。




泥棒も、5分以上かかり開けられない場所は、


見つかるリスクが高くなるので、


入りません。という、話を聞きました。



防犯対策になりますよね。


施工時間は、1箇所 1時間程度で終わります。


因みに、このフィルム  どこのガラスでも付けられます。



ご興味がある方は、連絡頂ければ


見積もりいたします。  もちろん見積もりは無料です。

オウチに隙間がある?ない?5つの質問

2016/04/22

こんにちわ。


大田原市でFPの家・注文住宅を営んでおります。


川永建設の川永です。


少し質問です。


あなたの家は、隙間だらけじゃありませんか?

下の例いくつ当てはまりますか?


◇ 暖房しているのに 足元はスースーする?

◇ 暖房(冷房)を止めるとすぐ部屋が寒く(暑く)なる!?

◇ 花粉症で、家の中でも くしゃみが治まらない!?

◇ 消防車・バス・暴走族のバイクの音 などの
サイレン・騒音 犬の鳴き声が結構気になる!?

◇ 家の中で  を見つける!?


この中で2~3個当てはまるのであれば、


実は気密性を考慮していない一般的な家と思われます。


それが悪い訳ではありません。


ただ、もともと日本の住宅は、高温多湿の夏を考慮して開放的な構造であったため

家のの断熱・気密についてはあまり問題視してませんでした。

しかし気密性の低い家では、いくら断熱材を厚くしても

冬は隙間から冷気が侵入し

夏は冷気が逃げ

寒さや蒸し暑さが同居して不快な居住環境を作り出します。



例えるなら、


断熱材をセーター    気密をウインブレーカー としましょう。

c0153412_1528275.jpg






冬にセーターだけ着て外に出ると

寒くてしょうがない

でも、そこにウインドブレーカーを着れば、隙間風がなくなり


寒くはなくなりますよね。


それと一緒です。


断熱と気密を兼ね揃えないと、いい家は出来ません。

断熱と気密は車の両輪です。

S邸 切妻屋根の大きな家

2016/03/11

平屋1階建て

延べ床面積110.92㎡(33.5坪)


リビング・隙間をいかに無くした家





お客様談

離れに住んでて、新しく建てた家 こちらに来ると暖かいです。


と言ってくれています。

すきまの無い純和風のうち

2016/03/09

平成19年に建てさせて頂いたお家。

この家の相当隙間面積C値は、 0.4C㎡/㎡

このような装置で測定しています。

この測定方法は、気密測定(C値 相当隙間面積)

この数値を出すには、

樹脂サッシ

気密テープ(銀色のテープ)で目張り



柱とFPパネルの重なりに

すきまがあるので、

気密テープ(銀色のテープ)で目張り


気密シートを張る



小屋裏になる天井は、気密シートを張り


配管にも目張り



システムキッチンの設備機器・配管で開けた穴も目張りを

行ないます。

見えない場所が大切です。


このようにして、高気密住宅が出来上がります。

 

 

内観はこんな感じです。

FPとちぎ&川永建設・お客様感謝祭2

2015/11/18

二手に分かれて体験スタート

先生に1つ1つ教わりながら作品を作っていきました。

何個か作っていくに連れて慣れてきたのでしょう。

手付きがすごく上手になってきました。


各々が1時間~1時間半集中をし1~2点作りました。

終わった後にお食事会。

その時にロクロをした時の感想は、


すぐにグチャグチャになると思っていたが、硬くてビックリした。

でも、すごく楽しく出来て良かった。今度も是非やりたい。


と、言っていただけました。

最後に記念写真を。


FPとちぎ&川永建設・お客様感謝祭1へ戻る。

« 最初へ 1 2 最後へ » 2ページ中1ページ目
  • すきまの話
  • カワケンのほほんブログ
  • 注文住宅 FPの家
  • FPweb.TV
  • Facebook